コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷嘉兵衛 おおたに かへえ

2件 の用語解説(大谷嘉兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷嘉兵衛 おおたに-かへえ

1845*-1933 明治-大正時代の実業家。
弘化(こうか)元年12月22日生まれ。明治元年横浜で製茶貿易をはじめ,17年全国茶業組合をつくる。のち第七十四国立銀行頭取,横浜市会議長,横浜商業会議所会頭など。40年貴族院議員。昭和8年2月3日死去。90歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大谷嘉兵衛

没年:昭和8.2.3(1933)
生年:弘化1.12.22(1845.1.29)
明治大正期の横浜の実業家。伊勢国(三重県)飯高郡谷野村の豪農吉兵衛の4男。幼名藤吉のち元吉。文久2(1862)年製茶輸出が急増した横浜に出て,製茶売込商(輸出商)小倉藤兵衛方に勤め,のち小倉家の養子となる。慶応3(1867)年独立してスミスベーカー商会に入り,翌明治1(1868)年に自ら製茶売込業を開業,10年代に横浜最大の製茶売込商となった。その間輸出茶の改良を志し,製茶改良会社設立,製茶協同組を組織,横浜茶業組合長,茶業組合中央会議長を務め,28年には日本製茶会社の設立にかかわった。一方,22年横浜市会議員,翌年市会議長となり市政に参与,36年横浜水道局長。32年渡米し,製茶関税撤廃,太平洋海底電線敷設を働きかけた。また第七十四国立銀行,横浜貯蓄銀行取締役・頭取をはじめ横浜倉庫,グランドホテルなどの取締役などを歴任,明治42年から13年間横浜商業会議所会頭を務めた。<参考文献>大谷嘉兵衛翁頌徳会編『大谷嘉兵衛翁伝』,茂出木源太郎編『大谷嘉兵衛翁伝』,『横浜市史』3・4巻

(海野福寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大谷嘉兵衛の関連キーワード安保庸三井島茂作伊藤伝七(9代)牛場卓蔵海野謙次郎西田周吉増田嘉兵衛松本恒之助村井恒蔵森茂生

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大谷嘉兵衛の関連情報