コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄綬褒章 オウジュホウショウ

デジタル大辞泉の解説

おうじゅ‐ほうしょう〔ワウジユホウシヤウ〕【黄×綬褒章】

業務に精励し、他の人の模範となる者に授与される褒章。昭和30年(1955)制定リボン)は黄色

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

黄綬褒章【おうじゅほうしょう】

業務に精励し民衆の模範となる者を表彰するために1955年制定された褒章。→褒章

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

おうじゅほうしょう【黄綬褒章】

褒章の一。長い間業務に精励し、人々の模範となりうる者に黄色の綬とともに授与される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勲章・褒章がわかる事典の解説

おうじゅほうしょう【黄綬褒章】

日本の褒章の一つ。初めは、1887年(明治20)に、臨時制定のかたちで、沿岸防衛事業に私財を献納する人に授与するとされた。これは数年間続いたが途絶え、第二次世界大戦後の1947年(昭和22)に廃止された。その後、1955年に褒章条例が改正された際、緑綬(りょくじゅ)褒章から「実業に精励して模範たるべき人」を切り離し、復活新設した黄綬褒章に当てることとなった。以後は多くの人が受章するようになり、2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」では、さらに受章者数を増やす観点から、第一線で業務に精励し、他の模範となるような技術や事績を有している人を対象とすることになった。◇英訳名はMedal with Yellow Ribbon。

出典 講談社勲章・褒章がわかる事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黄綬褒章
おうじゅほうしょう

栄典制度」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黄綬褒章
おうじゅほうしょう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

黄綬褒章の関連キーワード山田 徳兵衛(10代目)道明 新兵衛(6代目)北村 又左衛門中川 平太夫志鷹 光次郎公江 喜市郎小原 鉄五郎蔦清小松朝じ仁木 イワノ矢加部 アキ松旭斎 広子浦辺 鎮太郎石原 仁太郎粟田 万喜三杉本 キクイ長沢 千代造石井 幸之助対馬 竹五郎宮城 能造斎藤 昌美

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黄綬褒章の関連情報