コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷寺岩陰遺跡 おおやじいわかげいせき

世界大百科事典 第2版の解説

おおやじいわかげいせき【大谷寺岩陰遺跡】

栃木県宇都宮市大谷町の天開山大谷寺境内にある岩陰遺跡。姿川左岸の凝灰岩の崖面に形成された間口30m,奥行き13m,高さ12mの岩陰で,岩壁に彫られた石仏群は〈大谷磨崖仏〉として著名である。縄文時代からの複合遺跡であることは古くから知られており,1965年,磨崖仏の防災工事に伴って辰巳四郎らが発掘調査した。出土した遺物は,縄文時代草創期から晩期,弥生時代中期,歴史時代の各期にわたるが,主体を占めるのは草創期から早期前半にかけての遺物である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大谷寺岩陰遺跡の関連キーワード栃木県宇都宮市大谷町

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android