コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷磨崖仏 おおやまがいぶつ

百科事典マイペディアの解説

大谷磨崖仏【おおやまがいぶつ】

栃木県宇都宮市大谷にある磨崖仏(特別史跡)。大谷石の岩壁に浮彫された平安中期〜後期のものといわれる石仏で,西壁に千手観音,南壁に釈迦薬師,阿弥陀の各三尊像がある。
→関連項目宇都宮[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

国指定史跡ガイドの解説

おおやまがいぶつ【大谷磨崖仏】


栃木県宇都宮市大谷にある磨崖仏。御止山(おとめやま)と称される凝灰岩(大谷石)の丘陵の西南側、自然の一大石窟の壁面に半肉彫りされている。壁面は大小4区に分かれ、ほぼ西に面する1区には本尊で像高約4mの千手観音像が、2区には釈迦像とみられる像があり、高さ約3.5mの坐像は左右に文珠(もんじゅ)・普賢(ふげん)の2菩薩像を配している。3区の像は薬師像といわれるもので、高さ約1.2mの坐像で、左右に日光・月光の2菩薩像を配している。4区の像は阿弥陀像とみられ、高さ約2.6mの坐像で、脇侍として観音・勢至の2菩薩像が配されている。また、観音像の向かって右側の壁面には数体の坐像が描写され、上辺には粘土を張りつけた立像の仏像がある。これらの仏像は、大分県の臼杵磨崖仏とともに学術上の価値がきわめて高く、1926年(大正15)に国の史跡に、1954年(昭和29)には特別史跡に指定された。JR東北新幹線ほか宇都宮駅から関東バス「大谷観音前」下車、徒歩約2分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大谷磨崖仏
おおやまがいぶつ

栃木県宇都宮市大谷町、大谷寺境内にある凝灰岩洞窟(どうくつ)の東・北面に刻まれた石仏群。高浮彫り塑泥(そでい)仕上げで造像されている。観音堂(かんのんどう)正面の東壁面には、大谷寺の本尊である千手(せんじゅ)観音立像(高さ約4メートル)が、南面する脇堂(わきどう)には、向かって右から伝釈迦(しゃか)三尊、伝薬師(やくし)三尊、伝阿弥陀(あみだ)三尊と並ぶ。釈迦三尊は、中尊が釈迦如来坐像(にょらいざぞう)(3.5メートル)、脇侍(わきじ)が文殊(もんじゅ)・普賢(ふげん)の菩薩(ぼさつ)で、薬師三尊は60センチメートルに掘り込まれた龕(がん)中に造像され、もっとも初期の作で、中尊が薬師坐像(1.1メートル)、脇侍が日光・月光の菩薩、阿弥陀三尊は、中尊が阿弥陀如来坐像(2.7メートル)、脇侍が観世音(かんぜおん)・勢至(せいし)の菩薩である。造像時期は薬師三尊、千手観音が平安初期、釈迦三尊が平安中~後期、阿弥陀三尊が平安後期~鎌倉初期。大谷磨崖仏として1954年(昭和29)に特別史跡、61年に国の重要文化財に指定された。[大川 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大谷磨崖仏の言及

【宇都宮[市]】より

…工業は1984年指定のテクノポリスの主要部,清原工業団地を中心に電気機械,一般機械,食料品,精密機械などが盛んで,県内1位,県の約2割の製造品出荷額(1995)をあげている。市街の西の大谷は土木・建築用の軟質石灰の大谷石(緑色凝灰岩)の産地で,国指定の特別史跡・重要文化財の大谷磨崖仏,大谷寺岩陰遺跡などが存在する宇都宮県立自然公園がある。【奥田 久】
[宇都宮城下]
 下野国の城下町で徳川譜代の有力大名が配置された北関東の要地。…

【大谷寺岩陰遺跡】より

…栃木県宇都宮市大谷町の天開山大谷寺境内にある岩陰遺跡。姿川左岸の凝灰岩の崖面に形成された間口30m,奥行き13m,高さ12mの岩陰で,岩壁に彫られた石仏群は〈大谷磨崖仏〉として著名である。縄文時代からの複合遺跡であることは古くから知られており,1965年,磨崖仏の防災工事に伴って辰巳四郎らが発掘調査した。…

【石仏】より

…平安時代には石仏の製作は畿内以外の各地にも広がり,他の時代には見られない大規模な磨崖仏の製作が盛んに行われた。栃木県大谷磨崖仏(凝灰岩,高肉彫)は石彫の上に塑土を盛る珍しい技法を用いており,そのうちの一部はあるいは平安初期の製作かと考えられる。平安後期には大分県臼杵,熊野に代表される凝灰岩層を用いた磨崖仏が各地で行われた。…

※「大谷磨崖仏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大谷磨崖仏の関連キーワード栃木県宇都宮市大谷町大谷寺岩陰遺跡宇都宮(市)釈迦三尊大川文珠大仏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android