コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷暫酔 おおたに ざんすい

1件 の用語解説(大谷暫酔の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷暫酔 おおたに-ざんすい

1626-1682 江戸時代前期の俳人,僧。
寛永3年生まれ。大谷宣如の子。真宗大谷派。近江(おうみ)(滋賀県)の大通寺の住職。法印。俳諧(はいかい)は北村季吟(きぎん)にまなんだが,師弟関係をこえる親交があった。作品は「十会集」「廿会集」「新続犬筑波集(しんぞくいぬつくばしゅう)」などにはいっている。天和(てんな)元年11月25日死去。56歳。幼名は阿茶丸。名は宣流,宣澄。字(あざな)は方円。別号に蔦。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大谷暫酔の関連キーワード南元順一和石田意深石田未琢伊豆則常久津見吟市斎藤賀子乗阿如風出口貞木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone