コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大谷暫酔 おおたに ざんすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大谷暫酔 おおたに-ざんすい

1626-1682 江戸時代前期の俳人,僧。
寛永3年生まれ。大谷宣如の子。真宗大谷派。近江(おうみ)(滋賀県)の大通寺の住職。法印俳諧(はいかい)は北村季吟(きぎん)にまなんだが,師弟関係をこえる親交があった。作品は「十会集」「廿会集」「新続犬筑波集(しんぞくいぬつくばしゅう)」などにはいっている。天和(てんな)元年11月25日死去。56歳。幼名は阿茶丸。名は宣流,宣澄。字(あざな)は方円別号に蔦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大谷暫酔の関連キーワード暫酔俳人

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android