コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大部屋方式 おおべやほうしき

1件 の用語解説(大部屋方式の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大部屋方式
おおべやほうしき

一つの事業部の部や課の間の壁を取り去ったり,研究所における複数の研究チームを一つの部屋の中に同居させたり,役員の個室を廃止して一つの部屋に配置する方式を総称していう。部所間相互の行き来が自由になり,コミュニケーションの頻度が高まるために,セクト主義に陥りにくくなったり,研究所では他のチームの仕事が見えるために,それがきっかけとなって自らの研究へのヒントとなる,というような利点がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大部屋方式の関連キーワード繰綿無洗米糟粕中骨母液骨柴剥き身作り皮鶏がら

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone