大野新(読み)おおの しん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野新 おおの-しん

1928-2010 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和3年1月1日朝鮮全羅北道生まれ。結核で昭和24年から30年まで療養所生活をおくり,27年京大を中退。回復後,詩誌「ノッポとチビ」を主宰し石原吉郎,天野忠らと交流。53年人生のくらい歪みのなかに言葉の硬質な輝きを見つけるような詩集」でH氏賞。ほかに詩集「階段」「藁のひかり」,評論集「砂漠の椅子」がある。平成22年4月4日死去。82歳。本名は新(あらた)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android