コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野木源蔵 おおのぎ げんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野木源蔵 おおのぎ-げんぞう

1827-1880 江戸時代後期の武士。
文政10年生まれ。加賀金沢藩士。藩主前田斉泰(なりやす)の嗣子慶寧(よしやす)につかえ,側小姓から側役となる。元治(げんじ)元年禁門の変のとき慶寧に京都よりしりぞくことをすすめたため,斉泰の命により能登(のと)島へ流刑となる。慶応4年大赦となった。明治13年3月1日死去。54歳。名は克正。通称は別に外三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大野木源蔵の関連キーワード紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ブラックエンゲルスブラウン地獄の門明治維新オランダ文学オーストラリア・ニュージーランド文学ソロビヨフ(Vladimir Sergeevich Solov'yov)

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android