コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地獄の門 じごくのもんLa Porte de l'Enfer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地獄の門
じごくのもん
La Porte de l'Enfer

ロダンの作品。 1880年パリの装飾美術館の門扉として,政府から制作を委嘱され着手したが未完成に終った。 88年政府は契約を破棄し,1900年に石膏型のまま公開された。ロダン生存中は鋳造されず,第1次世界大戦後,松方幸次郎の出資により2個鋳造され,1つはロダン美術館,1つは東京の国立西洋美術館にある。 615cm× 390cmのブロンズ製。欄間に『考える人』,頂上に3人の裸体『影』を置き,186の高浮彫の裸体群像で方形の門全面を埋める。ダンテの『神曲』と,L.ギベルティのフィレンツェのサン・ジョバンニ洗礼堂の浮彫門扉『天国の門』 (1425~37) に想を得たといわれる。 1880年代にロダンはこの門の構想のなかから,『アダム』 (1880) ,『イブ』 (81) ,『ウゴリーノ』 (82~1901) など多くの独立した丸彫作品を生み出した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

地獄の門の関連キーワード年中行事(ねんじゅうぎょうじ)スコシヤン洞窟F. ロダンパトゥカ川松岡譲森一生鉄門

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地獄の門の関連情報