コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野規周 おおの のりちか

2件 の用語解説(大野規周の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大野規周 おおの-のりちか

1820-1886 江戸後期-明治時代の精密機械技術者。
文政3年1月28日生まれ。幕府御用時計師の家に生まれる。文久2年幕府派遣の海軍留学生としてオランダにわたり,精密機械製作の技術をまなぶ。明治2年大阪造幣寮の技師となり,天秤(てんびん),羅針盤,大時計などをつくった。明治19年10月6日死去。67歳。江戸出身。通称は弥三郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大野規周

没年:明治19.10.6(1886)
生年:文政3.1.28(1820.3.12)
幕末明治期の精密機械技術者。江戸神田松枝町の幕府暦局御用時計師の家に生まれた。祖父弥五郎規貞,父弥三郎規行は伊能忠敬の測量器具を作ったことでも知られる。幼名直次郎,通称弥三郎。安政2(1855)年松平慶永に招かれ機械や銃の製造と教育に当たったが,幕府の命により文久2(1862)年榎本武揚らと共に,測量機械類の製造習得の職方(技術担当)としてオランダに留学,慶応3(1867)年帰国した。新政府に出仕し造幣寮(のち造幣局)の技師となり,銅細工場で主として「天秤」などの製作とその指導に当たった。尺度,分銅,目盛器械,温度計,分度器などの近代度量衡の標準器械を製作また貨幣計数器,羅針盤,経緯機や大時計(1876年製作)を製作した。一方懐中時計の国産化を企図し息子則好を時計技術習得のためにスイスに3年間留学させ,明治13(1880)年時計工場を設立したが成功に至らなかった。19年工作所長を最後に退職した。大阪の造幣博物館には「大時計」と「地金用天秤」が展示されており桜宮神社(都島区中野町)には「大野規周君記念之碑」がある。亡くなるまで丁髷をしていたというが,わが国の度量衡の標準器械の製作など精密器械の近代化に果たした役割は大きい。<参考文献>日蘭学会編『幕末和蘭留学関係史料集成』正・続

(菊池俊彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大野規周の関連キーワード屋職堅丸メカトロニクス技術者精密機械梅廼家鶴寿

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone