コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大金得勝陀頌碑 だいきんとくしょうだしょうひDa-jin-de-Sheng-tuo-Song-bei

1件 の用語解説(大金得勝陀頌碑の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大金得勝陀頌碑
だいきんとくしょうだしょうひ
Da-jin-de-Sheng-tuo-Song-bei

得勝陀頌碑,得勝陀碑ともいう。中国,金朝に建てられた石碑。チーリン (吉林) 省フーユイ (扶余) 県,石碑わい子 (わいし) 集落の東方約 3kmにある。縦約 2.4m,横約 0.91m。この地は金の太祖ワンヤンアクダ (完顔阿骨打) が遼に対し挙兵したところで,大定 25 (1185) 年,第5代世宗がその戦勝を記念して建碑したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone