大金得勝陀頌碑(読み)だいきんとくしょうだしょうひ(英語表記)Da-jin-de-Sheng-tuo-Song-bei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大金得勝陀頌碑
だいきんとくしょうだしょうひ
Da-jin-de-Sheng-tuo-Song-bei

得勝陀頌碑,得勝陀碑ともいう。中国,金朝に建てられた石碑。チーリン (吉林) 省フーユイ (扶余) 県,石碑わい子 (わいし) 集落の東方約 3kmにある。縦約 2.4m,横約 0.91m。この地は金の太祖ワンヤンアクダ (完顔阿骨打) が遼に対し挙兵したところで,大定 25 (1185) 年,第5代世宗がその戦勝を記念して建碑したもの。碑の表面は漢文 30行,裏面は漢文とほぼ同義の女真小字文 33行が刻まれており,女真文字研究の重要資料となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android