コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大金得勝陀頌碑 だいきんとくしょうだしょうひDa-jin-de-Sheng-tuo-Song-bei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大金得勝陀頌碑
だいきんとくしょうだしょうひ
Da-jin-de-Sheng-tuo-Song-bei

得勝陀頌碑,得勝陀碑ともいう。中国,金朝に建てられた石碑。チーリン (吉林) 省フーユイ (扶余) 県,石碑わい子 (わいし) 集落の東方約 3kmにある。縦約 2.4m,横約 0.91m。この地は金の太祖ワンヤンアクダ (完顔阿骨打) が遼に対し挙兵したところで,大定 25 (1185) 年,第5代世宗がその戦勝を記念して建碑したもの。碑の表面は漢文 30行,裏面は漢文とほぼ同義の女真小字文 33行が刻まれており,女真文字研究の重要資料となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android