コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女真文字 じょしんもじNuchen script

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女真文字
じょしんもじ
Nuchen script

女真語の表記に用いられた文字。天輔3 (1119) 年の太祖が完顔希尹につくらせた大字と天眷1 (38) 年第3代皇帝煕宗がみずからつくった小字がある。おのおの単独で,また前者を語幹とし後者による接尾を伴う方式でも書かれた。女真族が初め用いていた契丹 (きったん) 文字に基づくが,漢字の影響も強く受けている。女真文字の使用はたびたび奨励されたが,実情は未詳。現存の女真文字資料は「永寧寺碑」など数個の石碑と印章,明代の記録である『華夷訳語』中の「女直 (館) 訳語」などがあるのみ。解読はまだ不完全。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じょしん‐もじ〔ヂヨシン‐〕【女真文字】

女真語の文字。12世紀に作られた。大字と小字とがあり、漢字や契丹(きったん)文字を基本としたものがあるが、まだ完全には解読されていない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

女真文字【じょしんもじ】

女真語を表記した文字。大字と小字がある。大字は契丹(きったん)文字にならって作られたといわれるが明らかでない。小字は音を写す音字と,漢字の形を多少改変して作った義字とがあり,左から縦書きにする。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょしんもじ【女真文字】

女真語を書き表す文字。女真語はツングース・満州諸言語(ツングース諸語)の一つで,これらの言語のうちでも系統的に満州語に最も近い。女真語を使った女真族は,中国の東北地域に1115年から1234年まで存続したを建国した民族である。女真は古く〈女(じよちよく)〉(以下,便宜上〈直〉とする)とも書かれた。《金史》によると,女真人ははじめ文字がなく契丹文字を用いたが,太祖の命により完顔希尹が漢字の楷書にならい,また契丹文字の制度に拠って,女真語に合う女真文字をつくった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じょしんもじ【女真文字】

女真族が一二世紀に作った文字。漢字と契丹きつたん文字の影響を受けているが、系統はアルタイ諸語に属するツングース系。大字と小字の別は明らかだが、完全には解読されていない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女真文字
じょしんもじ

(きん)代の女真族が女真語を写すために創造した文字。女真語はアルタイ語系のツングース語の一種である。女真文字には大字と小字の2種がある。女真大字は太祖阿骨打(アクダ)の命により1119年完顔希尹(ワンヤンきいん)がつくり頒布したもの。希尹は契丹(きったん)文字に倣って女真大字をつくったという。女真小字は煕宗(きそう)の1138年に作成され、1145年から使われ始めた。大字と小字については、(1)現存する女真文字はすべて女真大字であって、女真小字はまだ発見されていない、とする説と、(2)現存する女真文字の大部分は大字であるが、いくつかの大字を組み合わせた字が小字である、という説とがある。
 女真文字は漢文と同じく上から下へ、右から左へ行を追って書かれる。文字の成り立ちは、(1)漢字を基本とし、これに筆画を増減させてつくったもの、(2)契丹文字を基本とし、これに筆画を増減させてつくったもの、(3)契丹文字をそのまま女真文字としたものがある。音節では、1字で1音節のもの、1字で2~3音節のもの、2~3字で1音節を表すものなどがある。
 女真語の資料には、〔1〕文書資料、〔2〕金石文、〔3〕墨跡資料がある。
〔1〕文書資料には、(1)明(みん)の四夷館(しいかん)の編纂(へんさん)した乙種本『華夷訳語(かいやくご)』中の「女真館訳語」と「女真館来文」、(2)明の会同館が編纂した丙種本『華夷訳語』中の「女真訳語」がある。(1)には女真文字と漢字音とを対比させ、漢字訳語を付してあるが、(2)には女真文字は記されていない。
〔2〕金石文には「大金得勝陀頌(だしょう)碑」「女真進士題名碑」「永寧寺碑」「奥屯良弼(おくとんりょうひつ)詩碑」「慶源郡女真国書碑」などがある。
〔3〕墨跡資料にはホフホト市「白塔女真文題字」「陝西(せんせい)石台孝経頂部発現女真字文書」などがある。
 女真語の語彙(ごい)と満州語の語彙とは、完全に一致するものもあるが異なるものも少なくない。しかしツングース諸語のなかでは両者はもっとも近く、両者は系譜的に連なるので、女真語は満州語の祖語であると考えられる。[河内良弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の女真文字の言及

【金】より

…これは清朝をたてた満州人の満州語と親縁関係がある。女真語を写すために,金朝は女真文字をつくって使用した。女真文字には大字と小字とがある。…

※「女真文字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

女真文字の関連キーワードワンヤンアクダ(完顔阿骨打)金(中国の王朝)大金得勝陀頌碑アルタイ諸語世宗(金)世宗[金]満洲族阿骨打アクダ金史

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android