大須事件(読み)おおすじけん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大須事件
おおすじけん

メーデー事件(東京)、吹田(すいた)事件(大阪)と並ぶ戦後三大騒乱事件の一つ。1952年(昭和27)7月7日名古屋市大須球場で開かれた中ソ訪問議員歓迎報告集会後、約3000人がデモ行進に移ったが、わずか5分後、警官隊は拳銃(けんじゅう)発射を含む実力行使でデモ隊を解散させ、デモ隊は死者1人のほか多数の重軽傷者を出した。その後、名古屋地検はデモ行進に対し騒乱罪(騒擾(そうじょう)罪)を適用、翌53年末までに150人を起訴した。以降「デモ行進の自由を守れ」と支援運動が進められるが、69年名古屋地裁は被告99人に対し騒乱罪有罪判決、75年二審もこれを支持、78年最高裁の控訴棄却により判決が確定した。三大事件中唯一騒乱罪有罪となった事件であるが、26年に及ぶ史上まれな長期裁判の間、署名180万、支援カンパ3億円という大衆的裁判闘争が展開された。[荒川章二]
『関根庄一著『被告――大須事件の二十六年』(1978・労働旬報社) ▽田中二郎他編『戦後政治裁判史録 第2巻』(1980・第一法規出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android