コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鰐こけし・ずぐり おおわにこけし・ずぐり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

大鰐こけし・ずぐり[人形・玩具]
おおわにこけし・ずぐり

東北地方、青森県の地域ブランド。
南津軽郡大鰐町で製作されている。大鰐温泉に移り住んだ津軽系こけしの木地職人たちによって大正時代に始まった。に菖蒲の模様を描くところが特徴。肩は張りぎみで、胴にかけてゆるやかにくびれた曲線が流れ、無垢な笑顔と温かみのある表情。ずぐりとは津軽方言で独楽のことを指す。こけしと同じ時期からつくられており、上部はすり鉢状にへこんだ形状で色彩豊か。ずっしりと重い独楽を縄の紐で廻し、ぶつけ合って遊ぶ。青森県伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

大鰐こけし・ずぐりの関連キーワード東北地方

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android