コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鰐温泉 おおわにおんせん

4件 の用語解説(大鰐温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大鰐温泉
おおわにおんせん

青森県南部,大鰐町を流れる平川沿いに広がる温泉。泉質は食塩泉。泉温は 54~81℃。 12世紀末に発見されたといわれ,津軽平野南部の湯治場として発展した。背後の阿闍羅 (あじゃら) 山腹には大鰐温泉スキー場がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おおわに‐おんせん〔おほわにヲンセン〕【大鰐温泉】

青森県南津軽郡大鰐町の温泉。建久年間(1190~1199)の発見と伝えられ、泉質は硫酸塩泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕大鰐温泉(おおわにおんせん)


青森県南部、南津軽(みなみつがる)郡大鰐町の中心部にわく行楽・保養向きの温泉。古く建久(けんきゅう)年間(1190~98)の開湯という。温泉街は平(ひら)川南岸の大鰐と北岸の蔵館(くらだて)の2地区に分かれる。南3kmの阿闍羅(あじゃら)山(標高709m)には県内有数のスキー場がある。温泉街すぐ裏手の茶臼山(ちゃうすやま)公園はツツジの名所。ナトリウムカルシウム-塩化物泉、ナトリウム・カルシウム‐塩化物・硫酸塩泉。泉温81℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大鰐温泉
おおわにおんせん

青森県南部、大鰐町にある温泉。平(ひら)川両岸に湧出(ゆうしゅつ)する。南岸に大鰐、北岸に蔵館の温泉街がある。泉質は塩化物泉。建久(けんきゅう)年間(1190~1199)に円智上人(えんちしょうにん)により発見されたといわれる。津軽藩の御仮屋が置かれ、歴代藩主も入湯に訪れた。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大鰐温泉の関連キーワード青森県南津軽郡大鰐町居土青森県南津軽郡大鰐町大鰐青森県南津軽郡大鰐町蔵館青森県南津軽郡大鰐町駒木青森県南津軽郡大鰐町苦木青森県南津軽郡大鰐町乳井青森県南津軽郡大鰐町早瀬野青森県南津軽郡大鰐町三ツ目内青森県南津軽郡青森県南津軽郡大鰐町森山

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大鰐温泉の関連情報