コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鰐温泉 おおわにおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大鰐温泉
おおわにおんせん

青森県南部,大鰐町を流れる平川沿いに広がる温泉。泉質は食塩泉泉温は 54~81℃。 12世紀末に発見されたといわれ,津軽平野南部の湯治場として発展した。背後の阿闍羅山(あじゃらやま)山腹には大鰐温泉スキー場がある。十和田湖へのルートが開通して十和田観光の拠点となった。大鰐碇ヶ関温泉郷県立自然公園に属する。近くに東北自動車道大鰐弘前インターチェンジがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おおわに‐おんせん〔おほわにヲンセン〕【大鰐温泉】

青森県南津軽郡大鰐町の温泉。建久年間(1190~1199)の発見と伝えられ、泉質は硫酸塩泉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕大鰐温泉(おおわにおんせん)


青森県南部、南津軽(みなみつがる)郡大鰐町の中心部にわく行楽・保養向きの温泉。古く建久(けんきゅう)年間(1190~98)の開湯という。温泉街は平(ひら)川南岸の大鰐と北岸の蔵館(くらだて)の2地区に分かれる。南3kmの阿闍羅(あじゃら)山(標高709m)には県内有数のスキー場がある。温泉街すぐ裏手の茶臼山(ちゃうすやま)公園はツツジの名所。ナトリウム・カルシウム-塩化物泉、ナトリウム・カルシウム‐塩化物・硫酸塩泉。泉温81℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大鰐温泉
おおわにおんせん

青森県南部、大鰐町にある温泉。平(ひら)川両岸に湧出(ゆうしゅつ)する。南岸に大鰐、北岸に蔵館の温泉街がある。泉質は塩化物泉。建久(けんきゅう)年間(1190~1199)に円智上人(えんちしょうにん)により発見されたといわれる。津軽藩の御仮屋が置かれ、歴代藩主も入湯に訪れた。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

大鰐温泉の関連キーワード青森県南津軽郡大鰐町大鰐青森県南津軽郡大鰐町大鰐こけし・ずぐり大鰐(町)大鰐こけし茶臼山平川市碇ヶ関南岸北岸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大鰐温泉の関連情報