コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天体観測衛星 てんたいかんそくえいせいOrbiting Astronomical Observatory; OAO

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天体観測衛星
てんたいかんそくえいせい
Orbiting Astronomical Observatory; OAO

天体観測のための望遠鏡検出器を搭載した人工衛星。地球大気の影響を受けないため,あらゆる波長帯で観測が可能となる。特に地上では観測できない X線や紫外線,γ線,遠赤外線帯の観測では必須の望遠鏡である。また可視光においても大気による像の乱れ(シンチレーション)がないため,角分解能において望遠鏡の限界性能を発揮させることができる。電波干渉計の基線長を地球より長くとって高分解の観測を行なうべく,超長基線干渉計 VLBIの 1局あるいは数局を軌道上に周回させるスペースVLBI観測も行なわれている(→超長基線電波干渉法)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

天体観測衛星の関連キーワードスペースシャトル飛行記録HEAO科学衛星OAO

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android