コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超長基線電波干渉法 ちょうちょうきせんでんぱかんしょうほう Very Long Baseline Interferometry; VLBI

1件 の用語解説(超長基線電波干渉法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超長基線電波干渉法
ちょうちょうきせんでんぱかんしょうほう
Very Long Baseline Interferometry; VLBI

天体から送られる電波を利用し,天体の位置や構造,地球上の受信地点間の位置関係を高精度で測定する技術。数十億光年の位置にあるクエーサーの微弱な電波を地球上のいくつかの地点に設置された電波望遠鏡アンテナで同時に受信し,実際の電波の到達時刻の差 (遅延時間) から受信地点間相互の位置関係を割り出す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の超長基線電波干渉法の言及

【宇宙測地】より

…(2)月レーザー測距 月面にはアポロ宇宙船によりレーザー反射体が設置されており,人工衛星の場合と同じ原理で地上の観測局の位置を決めることができる(月レーザー測距装置)。(3)超長基線電波干渉法 電波天文学の手段として開発された超長基線電波干渉計の技術もクエーサーや人工衛星が発する電波を用いて地上の基準点間の位置関係を知るために利用されている。電波源としてクエーサーを利用する場合には,電波は十分遠方から飛来するため平行に入射する。…

※「超長基線電波干渉法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

超長基線電波干渉法の関連キーワード天体観測宇宙測地恒星状天体視位置電波干渉計太陽系外縁天体デッカ航法電波星距離指数(天文学)ターナーの推定法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

超長基線電波干渉法の関連情報