コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天地丸 てんちまる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天地丸
てんちまる

徳川家光が将軍だった寛永7 (1630) 年,御座船として建造され,以来幕末にいたるまでの長い間数度の修理を加えられながら使用されてきた幕府水軍を代表する関船。全長約 33m,肩幅約 7m,深さ 1.9mの船体は,総矢倉とともに朱塗りで,多数の飾り金具で装飾した華麗なものであり,さらに船首寄りに2階造りの豪華な屋形を設けて,将軍の御座船にふさわしい絢爛たる船であった。推進は櫓 76丁で漕ぎ,帆走用として 18反の帆を装備していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんちまる【天地丸】

1630年以来、幕末に至るまで徳川将軍の御座船の地位を占めていた七六挺ちよう立ての御召関船。巨船安宅あたけ丸を除けば幕府水軍最大の船。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の天地丸の言及

【日の丸】より

…江戸時代に日の丸を重用したのは幕府である。将軍の御座船安宅丸(あたけまる)と天地丸は多数の日の丸の幟(のぼり)で装飾されていたし,1673年(延宝元)に年貢米廻漕のために雇った廻船に立てることを義務づけて以来,日の丸の幟(日の丸船印・朱の丸船印と呼ぶ)が幕府船の標識として常用された。また朱の丸の帆印は1799年(寛政11)から始まる幕府の第1次蝦夷地直轄時の赤船(あかふね)で使われている。…

※「天地丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天地丸の関連キーワード海御座船徳川家光日の丸

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android