コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座船 ゴザブネ

3件 の用語解説(御座船の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ござ‐ぶね【御座船】

貴人の乗る船。また、将軍や大名などの乗る豪華な船。
川遊びの屋形船。
「芝居の果てより―をさし寄せ」〈浮・一代女・三〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ござぶね【御座船】

天皇・公家・将軍・大名など、貴人の乗る船。
川遊びの屋形船。 「芝居の果てより-をさしよせ/浮世草子・一代女 3

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の御座船の言及

【関船】より

…このころ初めて現れるとがった船首材(ミヨシ)を備え,青竹のすだれなどで軽量の防備を施した本格的中型構造船であり,水軍船隊の巡洋艦的役割を果たす。第3期は江戸時代であり,泰平の世となるや幕命により即刻没収焼却された主力艦安宅船(あたけぷね)とは異なり,依然保有を許された巡洋艦関船は,惣漆(そううるし),金泥(きんでい),金金具(きんかなぐ)などで美々しく装われ,将軍,大名の海上巡幸や参勤交代時の専用御召船,すなわち〈御座船(ござぶね)〉へと,華麗なる変身を遂げる。なお,関船は早船(はやふね)(小型のものは小早(こばや))とも呼ばれる。…

【屋形船】より

…上に屋形を設けた船。〈御座船〉とも〈遊山船〉ともいった。平安時代以後川舟などに用いられたが,中世までは貴人専用であった。…

※「御座船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御座船の関連情報