コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天壇公園 てんだんこうえん

1件 の用語解説(天壇公園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

てんだんこうえん【天壇公園】

中国の首都・北京にある公園。昔、天を祭った場所で、明・清の歴代皇帝は毎年正月の上辛日に、この公園で天に五穀豊穣を祈った。総面積は270万m2で、故宮の4倍を超える。鳥瞰(ちょうかん)すると、建物は「回」の字型に配されていることがわかる。内外のふたつの壁が敷地を囲んで、外壇(外壁)の長さは6416m、内壇(内壁)の長さは3292mある。外壇の門は、当初、皇帝が祭天の際に出入りした正門(西門)だけで、内壇には東西南北に置かれた四大門の「天門」があった。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天壇公園の関連情報