鳥瞰(読み)チョウカン

  • ちょうかん テウ‥
  • ちょうかん〔テウ〕
  • 鳥×瞰

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)鳥が空から見おろすように、高い所から広い範囲を見おろすこと。また転じて、全体を大きく見渡すこと。俯瞰(ふかん)。「山頂から市街を鳥瞰する」「日本経済を鳥瞰する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
は見おろす意
高い所から見おろすこと。また、全体を見渡すこと。俯瞰ふかん世界情勢全体を-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (鳥が空から地上を見おろすように) 高い所から広い範囲を見おろしながめること。転じて、全体をひと目で観察すること。
※江戸から東京へ(1923)〈矢田挿雲〉九「今ここでは吾妻橋以北千住以南の隅田川を鳥瞰(テウカン)して見度(みた)い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥瞰の関連情報