コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥瞰 チョウカン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐かん〔テウ‐〕【鳥×瞰】

[名](スル)鳥が空から見おろすように、高い所から広い範囲を見おろすこと。また転じて、全体を大きく見渡すこと。俯瞰(ふかん)。「山頂から市街を鳥瞰する」「日本経済を鳥瞰する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうかん【鳥瞰】

( 名 ) スル
〔「瞰」は見おろす意〕
高い所から見おろすこと。また、全体を見渡すこと。俯瞰ふかん。 「世界情勢全体を-する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鳥瞰の関連キーワード徵・懲・丁・兆・凋・嘲・寵・帳・庁・廳・弔・張・彫・徴・懲・挑・暢・朝・潮・澄・牒・町・眺・聴・聽・肇・脹・腸・調・諜・貼・超・跳・重・釣・銚・長・頂・鳥バードビューRナビゲーションシステム大畠文治右衛門(初代)ブロックダイアグラムMavericksバーズアイビューホールズワーズ骨寺村荘園遺跡東海道五十三次青根[温泉]吉田 初三郎明治大正詩史フィフリスト浅原 六朗春日曼荼羅村上陽一郎都市景観図司馬遼太郎吉田初三郎宮曼荼羅

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥瞰の関連情報