鳥瞰(読み)チョウカン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐かん〔テウ‐〕【鳥×瞰】

[名](スル)鳥が空から見おろすように、高い所から広い範囲を見おろすこと。また転じて、全体を大きく見渡すこと。俯瞰(ふかん)。「山頂から市街を鳥瞰する」「日本経済を鳥瞰する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうかん【鳥瞰】

( 名 ) スル
〔「瞰」は見おろす意〕
高い所から見おろすこと。また、全体を見渡すこと。俯瞰ふかん。 「世界情勢全体を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥瞰の関連情報