鳥瞰(読み)チョウカン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐かん〔テウ‐〕【鳥×瞰】

[名](スル)鳥が空から見おろすように、高い所から広い範囲を見おろすこと。また転じて、全体を大きく見渡すこと。俯瞰(ふかん)。「山頂から市街を鳥瞰する」「日本経済を鳥瞰する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうかん【鳥瞰】

( 名 ) スル
〔「瞰」は見おろす意〕
高い所から見おろすこと。また、全体を見渡すこと。俯瞰ふかん。 「世界情勢全体を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐かん テウ‥【鳥瞰】

〘名〙 (鳥が空から地上を見おろすように) 高い所から広い範囲を見おろしながめること。転じて、全体をひと目で観察すること。
※江戸から東京へ(1923)〈矢田挿雲〉九「今ここでは吾妻橋以北千住以南の隅田川を鳥(テウカン)して見度(みた)い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥瞰の関連情報