コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天庵玄彭 てんなん げんぽう

1件 の用語解説(天庵玄彭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天庵玄彭 てんなん-げんぽう

?-1500 室町-戦国時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。上野(こうずけ)(群馬県)補陀(ほだ)寺の泰叟(たいそう)妙康の法をつぐ。武蔵(むさし)越生(おごせ)(埼玉県)竜穏寺の中興となった師にしたがい,同寺の4世となる。のち相模(さがみ)(神奈川県)最乗寺や補陀寺の住持となった。明応9年8月17日死去。越前(えちぜん)(福井県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

天庵玄彭の関連キーワードスペイン音楽奥多摩中距離競走デカスロン高木美帆救急・在宅等支援療養病床初期加算I KAMIKO値幅制限ブハラ・ハーン国後土御門天皇

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone