天手力雄神(読み)あめのたぢからおのかみ

朝日日本歴史人物事典の解説

天手力雄神

日本神話に登場する神。天にいます,強い手の力を有する神の意。『古事記』に天手力男神,手力男神とある。素戔嗚尊のひどい乱暴に怒って石窟にこもってしまった天照大神(アマテラスオオミカミ)が,石窟の外が騒々しいのを不思議に思って戸を開けたとき,戸の脇に隠れていてアマテラスを石窟から引っぱり出したとも,単にその石窟の戸を開けたとも伝えられる。また『古事記』では,天孫である邇邇芸命が地上へ降臨する際にこれに随伴した諸神中にこの神の名を記し,佐那那県にいます神だと伝える。『日本書紀』では,この神が天孫降臨の段に登場しないだけでなく,石窟の段にこの神が登場しない伝承もあるから,この神は,知力の神である思兼神とペアになる神として比較的新しく神話の中に取り入れられた神だろう。

(佐佐木隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android