コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思兼神 おもいかねのかみ

3件 の用語解説(思兼神の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

思兼神 おもいかねのかみ

記・紀にみえる神。
高皇産霊(たかみむすびの)神の子とされる。はかりごとをめぐらし,献策する。天の岩戸,国譲り,天孫降臨などの神話で重要な役目をはたす。「古事記」では思金神とかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

思兼神

日本神話に登場する神。多くの思慮を兼ね備えた神,深く思慮する神の意。『日本書紀』に,高皇産霊尊の子とする伝承がある。『古事記』では思金神,常世思金神とあり,『先代旧事本紀』では八意思金神,八意思兼神と書かれる。また『日本書紀』には,石窟に籠もった天照大神を外へおびき出すためにこの神が「深く謀り,遠く慮りて」対策を講じたと記され,この神は「思慮の智有」る神だとの説明がある。天孫の瓊瓊杵命が降臨する前の話には,地上へ派遣すべき神を次々と選出して国譲りを成功させ,また実際に降臨にも随伴したとある。天手力雄神(アメノタヂカラオノカミ)と一緒に伝承中に登場することが少なくなく,腕力を持つ神と知力を有する神という形で,アメノタヂカラオとペアをなす神だと考えられていた節がある。

(佐佐木隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おもいかねのかみ【思兼神】

記紀神話に登場する神の名。《古事記》では思金神と記す。思慮を兼ねそなえ,事を議(はか)ることを役目とする神の意で,《日本書紀》には〈深謀遠慮〉〈思慮の智〉ありとある。天(あま)の岩屋戸の神話では,この神のおもんぱかりにもとづくさまざまな策によって,岩屋戸にこもった天照大神(あまてらすおおかみ)を引き出すことに成功した。また国譲り神話では,アマテラスの諮問に応じて献策する。さらにアマテラスの御魂代(みたましろ)なる鏡をともない天孫に従って天下り,〈前の事を取り持ちて政(まつりごと)〉することになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

思兼神の関連キーワード日本神話ハチピクシーエルフ大蛇スコル月読尊パンフルート伊奘冉尊豊斟渟尊

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone