天日鷲命(読み)あまのひわしのみこと

精選版 日本国語大辞典「天日鷲命」の解説

あまのひわし‐の‐みこと【天日鷲命】

日本書紀」「古語拾遺」などに見える神。阿波の斎部(いんべ)氏の祖神天照大神が天の岩屋戸に隠れた時、木綿(ゆう)で、祈祷用の和幣(にぎて)を作る。その子孫は木綿、栽培を仕事とした。麻植神(おえのかみ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の天日鷲命の言及

【忌部神社】より

…徳島市に鎮座。天日鷲(あめのひわし)命をまつる。《日本書紀》《古語拾遺》などによれば,天日鷲命は阿波国の忌部氏の祖先神で,この地に穀麻を植えたと伝えられ,麻植(おえ)神ともいわれる。…

※「天日鷲命」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android