コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天津多祁許呂命 あまつたけころのみこと

1件 の用語解説(天津多祁許呂命の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天津多祁許呂命 あまつたけころのみこと

古代伝承上の豪族。
天津彦根命の子孫。成務天皇のとき石城国造(いわきのくにのみやつこ)になった,また神功(じんぐう)皇后につかえたなどの伝承がある。子の筑波使主(つくばの-おみ)が常陸(ひたち)茨城郡の湯坐(ゆえ)氏の祖となり,ほかの子らも東北南部各地の国造の祖となったという。建凝命,建己呂命,建許呂(侶)命ともいう。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone