コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天源術 テンゲンジュツ

2件 の用語解説(天源術の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

てんげん‐じゅつ【天源術】

運勢判断の一。陰陽五行説に基づき、生年月日干支(えと)や人相・骨相からその人の一生の運命を占う術。天海僧正の創始と伝えられる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんげんじゅつ【天源術】

人間の運命・命数を人が天より受ける気の本源を遡ることによって明らかにしようとする一種の宿命論。生年月日の干支えとや陰陽五行の説によって判断する。江戸時代の僧天海の創始。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone