コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淘宮術 トウキュウジュツ

デジタル大辞泉の解説

とうきゅう‐じゅつ〔タウキユウ‐〕【×淘宮術】

運勢判断の一。天源術から派生したもので、天保5年(1834)横山丸三(よこやままるみつ)の創始。人は生来の気質を修練することによって開運に至ることができるという。淘道。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

淘宮術の関連キーワード新家春三吉川尹哲横山興孝大成教三輪

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android