コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天竜川沖海底谷 てんりゅうがわおきかいていこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天竜川沖海底谷
てんりゅうがわおきかいていこく

静岡県の南西の沖合い,遠州灘を南へ延びる海底谷天竜川の河口付近を中心に 6本の海底谷が深さ 160m前後で始まり,これらが水深 1300m付近で合流する。下流では谷の幅は 0.2~4.2km,谷の深さは 200~500m。谷は蛇行しつつ大陸棚を刻み,さらに大陸斜面にいたり直線状に流下し,深さ 3800mの深海平坦面 (南海トラフ) で終わる。谷の横断面は V字形で,勾配 3°~30°の急な谷壁をもつ。谷の延長は 135km,末端は東経 137°30′,北緯 33°30′付近に達する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

天竜川沖海底谷の関連キーワード釧路沖海底谷

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android