コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠州灘 えんしゅうなだ

7件 の用語解説(遠州灘の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠州灘
えんしゅうなだ

別称遠江灘,天竜灘。静岡県,伊豆半島南端の石廊崎志摩半島東端の間約 180kmの海面をいったが,現在は渥美半島伊良湖岬から御前崎までの沖合い海域をさす。天竜川以東の海岸は漂砂が激しく砂丘を形成し,その内側は排水不良の低湿地となり,かつての港はほとんど埋没してしまった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えんしゅう‐なだ〔ヱンシウ‐〕【遠州灘】

静岡県の御前崎(おまえざき)から愛知県の伊良湖(いらご)岬に至る太平洋の海域。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

遠州灘【えんしゅうなだ】

静岡県伊豆半島の石廊(いろう)崎から三重県志摩半島の大王崎まで約180kmの海域。御前崎〜伊良湖岬間約110kmは直線状の砂丘海岸で港が少なく,冬の西風も強いため古来航行の難所とされた。
→関連項目浅羽[町]渥美半島今切渡大須賀[町]御前崎[町]掛川[市]大東[町]西[区]浜岡[町]浜松[市]福田[町]袋井[市]南[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えんしゅうなだ【遠州灘】

東海地方の太平洋岸沖合の海域。遠江(とおとうみ)灘ともいう。伊豆半島先端の石廊崎から三重県大王崎に至る約180kmの海域をいうが,駿河湾伊勢湾が東西に張り出すので御前崎から渥美半島西側の伊良湖水道までを指すこともある。海底地形は幅5~24kmの大陸棚が発達し,御前崎沖と志摩半島沖で広い。天竜川の延長が天竜海底谷として南にのび,遠州海盆を形成している。さらに南には駿河トラフの延長の深海である南海舟状海盆が北東~南西方向にのびている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えんしゅうなだ【遠州灘】

静岡県御前崎から愛知県伊良湖岬までの沖合一帯の海。波が荒く、港が少なかったため帆船時代には難所だった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔静岡県〕遠州灘(えんしゅうなだ)


静岡県御前(おまえ)崎から愛知県伊良湖(いらご)岬までの沖合をいう。長さ約110km。広義には、伊豆(いず)半島南端の石廊(いろう)崎から志摩半島南東端の大王(だいおう)崎までの沖をいうこともある。沿岸には砂丘・砂浜海岸が発達。冬季、北西~西の風が強く、沿岸に避難港が少ないため、古くから海の難所とされた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遠州灘
えんしゅうなだ

静岡県西部、遠州地方に面する海域。かつては伊豆半島先端の石廊(いろう)崎から三重県大王(だいおう)崎に至る海域をさしていた。しかし地理的にみれば、東は駿河(するが)湾、西は伊勢(いせ)湾の湾口となるため、御前(おまえ)崎から渥美(あつみ)半島伊良湖(いらご)岬に至る海域が遠州灘である。天竜灘、遠江(とおとうみ)灘ともいう。御前崎沖の大陸棚や浅堆(せんたい)、天竜川沖の海底谷などがあり、シラス漁場となる。沖合いには南海舟状海盆が走り、その深海底は明応(めいおう)、宝永(ほうえい)、安政(あんせい)、東南海など大地震の震源地となった。遠州灘に面する海岸線は平滑で、御前崎から天竜川河口西部の中田島砂丘まで海岸砂丘が発達するが、湖西(こさい)市潮見坂以西は海食崖(がい)となり海岸の後退が著しい。重要港湾御前崎港、地方港湾浜名港のほか、福田(ふくで)と舞阪(まいさか)に漁港がある。江戸時代は、大坂から江戸への海上ルートで天竜川河口に掛塚(かけつか)港もあったが、海の難所として恐れられていた。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠州灘の関連キーワード鹿島灘東海地方ハタハタ表日本太平洋側気候鞭藻泥蟹太平洋岸式気候安政南海地震宝永地震と安政東海・南海地震

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遠州灘の関連情報