遠州灘(読み)えんしゅうなだ

  • えんしゅうなだ ヱンシウ‥
  • えんしゅうなだ〔ヱンシウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

別称遠江灘,天竜。静岡県,伊豆半島南端の石廊崎と志摩半島東端の間約 180kmの海面をいったが,現在は渥美半島伊良湖岬から御前崎までの沖合い海域をさす。天竜川以東の海岸は漂砂が激しく砂丘を形成し,その内側は排水不良の低湿地となり,かつての港はほとんど埋没してしまった。このため台風や冬の季節風の強いときには避難するところが少く,海の難所の1つに数えられたが,現在は御前と伊良湖に避難港が建設されている。沿岸では,カツオマグロアジ,シラス,サバ漁が盛んであったが,現在は御前崎の遠洋漁業重心が移った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

静岡県伊豆半島の石廊(いろう)崎から三重県志摩半島の大王崎まで約180kmの海域。御前崎〜伊良湖岬間約110kmは直線状の砂丘海岸で港が少なく,冬の西風も強いため古来航行の難所とされた。カツオ,マグロ,アジ,サバなどの漁獲が多い。
→関連項目浅羽[町]渥美半島今切渡大須賀[町]御前崎[町]掛川[市]大東[町]西[区]浜岡[町]浜松[市]福田[町]袋井[市]南[区]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

東海地方の太平洋岸沖合の海域。遠江(とおとうみ)灘ともいう。伊豆半島先端の石廊崎から三重県大王崎に至る約180kmの海域をいうが,駿河湾伊勢湾東西に張り出すので御前崎から渥美半島西側の伊良湖水道までを指すこともある。海底地形は幅5~24kmの大陸棚が発達し,御前崎沖と志摩半島沖で広い。天竜川の延長が天竜海底谷として南にのび,遠州海盆を形成している。さらに南には駿河トラフの延長の深海である南海舟状海盆が北東~南西方向にのびている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

静岡県西部、遠州地方に面する海域。かつては伊豆半島先端の石廊(いろう)崎から三重県大王(だいおう)崎に至る海域をさしていた。しかし地理的にみれば、東は駿河(するが)湾、西は伊勢(いせ)湾の湾口となるため、御前崎(おまえざき)から渥美(あつみ)半島伊良湖岬(いらごみさき)に至る海域が遠州灘である。天竜灘、遠江灘(とおとうみなだ)ともいう。御前崎沖の大陸棚や浅堆(せんたい)、天竜川沖の海底谷などがあり、シラス漁場となる。沖合いには南海舟状海盆が走り、その深海底は明応(めいおう)、宝永(ほうえい)、安政(あんせい)、東南海など大地震の震源地となった。遠州灘に面する海岸線は平滑で、御前崎から天竜川河口西部の中田島砂丘まで海岸砂丘が発達するが、湖西(こさい)市潮見坂以西は海食崖(がい)となり海岸の後退が著しい。重要港湾御前崎港、地方港湾浜名港のほか、福田(ふくで)と舞阪(まいさか)に漁港がある。江戸時代は、大坂から江戸への海上ルートで天竜川河口に掛塚港(かけつかみなと)もあったが、海の難所として恐れられていた。

[北川光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

静岡県伊豆半島の南端石廊(いろう)崎と三重県志摩半島の南東端大王崎との間の海域。また、御前崎から渥美半島伊良湖岬までをいい、古来難所といわれた。遠江灘。天龍灘。七十五里の険。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android