コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天竜川 てんりゅうがわ

7件 の用語解説(天竜川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天竜川
てんりゅうがわ

長野県,静岡県を南流する川。全長 213km。諏訪湖に発し,上流では伊那盆地を灌漑,中流部は山地を鋭く削り天竜峡などを形成,下流部では東に磐田原,西に三方原の両隆起扇状地をつくり,浜松市の南東部で遠州灘に注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんりゅう‐がわ〔‐がは〕【天竜川】

中部地方を流れる川。長野県の諏訪(すわ)湖に源を発し、伊那盆地を経て浜松市の東で太平洋に注ぐ。長さ213キロ。佐久間・秋葉などのダムがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

天竜川【てんりゅうがわ】

本州中部の川。長さ213km,流域面積5090km2諏訪湖に発し,西の木曾山脈と東の赤石山脈の間を伊那盆地を形成して南流,浜松市の東で遠州灘に注ぐ。飯田盆地には河岸段丘が発達,天竜市から下流は網状流路をなす。
→関連項目赤石岳阿南[町]飯田[市]池田宿伊那[市]磐田原金原明善駒ヶ根[市]佐久間[町]静岡[県]高森[町]辰野[町]天竜[市]天竜[区]天竜奥三河国定公園豊田[町]中[区]浜北[市]浜北[区]浜松[市]春野[町]東[区]水窪[町]南[区]箕輪[町]竜洋[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

てんりゅうがわ【天竜川】

長野県諏訪湖に源を発し,静岡県西部を南流して遠州灘に注ぐ川。幹川流路延長213km,全流域面積5090km2。赤石山脈と木曾山脈の間を流下するため,流域の形状は南北に細長く,両山脈から多くの中小支流が合流する。諏訪湖から飯田市付近までの上流は伊那盆地を流下し,三峰(みぶ)川,小渋川,太田切川などの支流を合流する。伊那盆地では,水田に利用されているはんらん原の両側に,数段の大規模な河岸段丘が発達し,さらにその上に扇状地が形成される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

てんりゅうがわ【天竜川】

長野県の諏訪湖に源を発し、伊那盆地を南流して遠州灘なだに注ぐ川。長さ213キロメートル。流域に多くのダムがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県(静岡県)〕天竜川(てんりゅうがわ)


長野県中部から静岡県西部を南流する川。1級河川(天竜川水系)。延長213km。流域面積5090km2。諏訪(すわ)湖西岸から流出し、赤石(あかいし)山脈(南アルプス)・木曽(きそ)山脈(中央アルプス)の間の伊那(いな)盆地を南流して三峰(みぶ)川・小渋(こしぶ)川などと合流。天竜峡を刻んで穿入蛇行(せんにゅうだこう)しつつ静岡県に入り、磐田原(いわたはら)・三方(みかた)原の間に沖積平野を形成。浜松(はままつ)市と磐田市の境で遠州灘(えんしゅうなだ)に注ぐ。中流部には平岡(ひらおか)・佐久間(さくま)・秋葉(あきは)など多数の大規模な多目的ダムが立地し、日本有数の電源地帯を形成。豊川(とよがわ)用水・三方原用水などの水源ともなり、農業用水・工業用水・上水を供給する。上流域の伊那盆地の河岸段丘では果樹栽培、下流域の氾濫原(はんらんげん)や洪積(こうせき)台地ではメロンなどの施設園芸が盛ん。古代には、下流の浜松市付近は麁玉(あらたま)川ともよばれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天竜川
てんりゅうがわ

長野県諏訪(すわ)湖に源をもち、静岡県浜松市東部で遠州灘(えんしゅうなだ)に注ぐ、長野・愛知・静岡の3県に流域をもつ河川。延長213キロメートル、流域面積5090平方キロメートル。一級河川。おもな支流に三峰(みぶ)川、小渋川、遠山川、水窪(みさくぼ)川、気田(けた)川などがある。諏訪湖の西、釜口(かまぐち)水門からの流れは、辰野(たつの)から飯田(いいだ)までの間は伊那谷(いなだに)の盆地を南流。両岸には扇状地、河岸段丘、田切(たぎり)地形が形成され、果樹園や畑地が多く農業用水路も開かれ水田化が進んでいる。伊那谷を過ぎると先行性河川の性質をもつ天竜峡に入り、曲流と渓谷に特色をもつ。慶長(けいちょう)年間(1596~1615)角倉了以(すみのくらりょうい)が天竜川の水路を開き、舟運を進め、木材の筏(いかだ)流しも行われた。時又(ときまた)、西渡(にしど)、鹿島(かじま)などは河岸(かし)、集散地として栄えた。明治期には久根(くね)、峰の沢鉱山の鉱石運搬や、森林資源の開発とともに流域の電源開発も進み、昭和10年代に平岡、泰阜(やすおか)ダム、第二次世界大戦後は天竜東三河特定地域総合開発に添い、佐久間、秋葉ダム、さらに船明(ふなぎら)ダムも完成。発電、工業、生活用水源として豊川(とよがわ)用水、磐田(いわた)用水、三方原(みかたはら)用水に水資源を供給するが、堆砂(たいさ)による河床変動などダム災害も発生した。浜松市天竜区二俣(ふたまた)以南の下流平野は氾濫(はんらん)や乱流を繰り返し三方原と磐田原台地との間に沖積地が形成され、米作やナシ、カキ、花木、茶などが栽培される。河口の磐田市掛塚(かけつか)は東海道本線が開通するまで掛塚湊(みなと)として栄えた。河口西方に遠州浜や中田島(なかたじま)砂丘が形成されたが海岸侵食もみられる。[北川光雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天竜川の言及

【伊那盆地】より

…古代には東山道が通ったが,近世には中山道からはずれ中馬(ちゆうま)運送による商業が発展した。盆地の中央を天竜川が流れ,東西の山地から三峰(みぶ)川,小渋川,遠山川,松川など多くの支流が合流している。これらの川は利水にも役立っているが,一方,〈暴れ天竜〉の名が示すように水害が多いことでも知られている。…

【河川計画】より

…信濃川のみならず,第2次世界大戦後,とくに中部山岳地方から流れ下る河川の河口部周辺の海岸の決壊が目だってきた。天竜川などがその代表であるが,上流部に大きなダムができて土砂の下流へ流れる量が減る一方,下流部で大量の河床砂れきを建設材料として採取したため,河口部から海へ出る土砂量が減少したのが原因とみられている。日本の激しかった経済成長が大ダムの建設や建設材料の急激な需要増を招き,それによって河川の様相が一変させられたのである。…

※「天竜川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天竜川の関連キーワード釜無川長野県西部地震辰野[町]長野県中野市越長野県中野市新野長野県中野市永江長野県中野市中野長野県中野市七瀬長野県中野市西姿川

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天竜川の関連情報