天野 美津子(読み)アマノ ミツコ

20世紀日本人名事典の解説

天野 美津子
アマノ ミツコ

昭和期の詩人



生年
大正8(1919)年

没年
昭和40(1965)年2月

経歴
昭和21年創刊になる臼井喜之介主宰の詩誌「詩風土」を詩的出発点とし、28年ごろは前登志夫の「望郷」グループにもいた。30年右原尨らの創刊になる詩誌「ブラックパン」では中核的詩人として活躍した。のちに「日本未来派」や京都の「骨」の同人にもなる。詩集に「車輪」「赤い時間」「零のうた」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android