コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天野桃隣 あまの とうりん

3件 の用語解説(天野桃隣の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

天野桃隣

俳人。通称藤太夫。号は太白堂・桃翁等。芭蕉の甥とも伝えられる。芭蕉の3回忌は法要のみで満足せず、奥の細道の足跡をたどり『陸奥鵆』を著した。享保4年(1719)歿、81才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天野桃隣 あまの-とうりん

?-1720* 江戸時代前期-中期の俳人。
松尾芭蕉の従弟(いとこ)とも,朋友(ほうゆう)ともいわれる。元禄(げんろく)4年芭蕉にしたがって江戸にでて点者(判者)となる。芭蕉三回忌には「陸奥鵆(むつちどり)」を,十七回忌には「粟津原」を刊行した。桃林堂蝶麿と同一人とする説がある。享保(きょうほう)4年12月9日死去。伊賀(いが)(三重県)出身。通称は藤太夫。別号に太白堂(初代),桃翁,呉竹軒など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

天野桃隣

没年:享保4.12.9(1720.1.18)
生年:生年不詳
江戸前期の俳人。享年は70歳余か。別号は太白堂など。伊賀国(三重県)上野の人。各務支考の言によれば松尾芭蕉の従弟だという。15年ほど大坂で「利をいとひ遊民となつて」暮らしていたと自ら語っている。その後江戸へ出て,40歳を過ぎてから芭蕉の援助を得て俳諧師として独立した。その将来を危惧していた芭蕉が元禄7(1694)年に没し,後ろ盾を失ってからは次第に零落,晩年は惨めな暮らしであった。好色本作家の桃林堂蝶麿と同一人物であるとする説がある。<参考文献>荻野清『俳文学叢説』

(田中善信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の天野桃隣の言及

【桃林堂蝶麿】より

…桃の林,桃隣堂ともいう。芭蕉門の天野桃隣の筆名とする説とそれを否定する説がある。1695年(元禄8)ころより1705年(宝永2)にわたり,江戸で《好色赤烏帽子(あかえぼし)》(1695),《好色美人角力(ずもう)》(1696)など10余の浮世草子を発表。…

※「天野桃隣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

天野桃隣の関連キーワード浅見左逸阿形但秀尼坂好道半井和年宝賀轍士北川犂春太祇立圃岸本和英斎藤賀子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone