天野樽(読み)アマノダル

精選版 日本国語大辞典の解説

あまの‐だる【天野樽】

〘名〙
河内国(大阪府)天野産の酒を入れる樽。片側に柄をつけてある。
※慶長日件録‐慶長一一年(1606)正月二六日「次片主膳より天野樽二〈略〉被之」
② (転じて) =えだる(柄樽)
※随筆・嬉遊笑覧(1830)二「柄の長きを柄樽とも角樽ともいへど此はもと河内国天野酒を入るる樽にて天野樽といふもの也とぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android