天野樽(読み)あまのだる

精選版 日本国語大辞典「天野樽」の解説

あまの‐だる【天野樽】

〘名〙
① 河内国(大阪府)天野産の酒を入れる樽。片側に柄をつけてある。
※慶長日件録‐慶長一一年(1606)正月二六日「次片主膳より天野樽二〈略〉被之」
② (転じて) =えだる(柄樽)
※随筆・嬉遊笑覧(1830)二「柄の長きを柄樽とも角樽ともいへど此はもと河内国天野酒を入るる樽にて天野樽といふもの也とぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android