コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角樽 つのだる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

角樽
つのだる

柄樽 (えだる) ,あるいはあま樽,人形樽,塗り樽などともいう。樽の上に2本の大きくて高い角のような柄をつけたか黒塗りの樽。祝儀の際に酒を入れるのに用いられる。古くは長方形で上の4隅に取手の出たものもあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

つの‐だる【角×樽】

柄樽(えだる)の一種。角のような大きな柄をつけ、を朱または黒ので塗り、祝儀のときの進物として酒を贈るのに用いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

食器・調理器具がわかる辞典の解説

つのだる【角樽】

つののように大きく長い2本の柄(え)の付いた、朱(しゅ)または黒塗りの酒樽。祝儀の際に進物として、酒を贈るのに用いる。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

角樽
つのだる

祝樽の一種。江戸時代、婚礼、祭礼、上棟などの祝儀のおり酒を贈るのに使用した。厚地の板を使用し、太い竹たがをはめた酒樽で、とくに柄の部分を上に長く角のように張り出させた朱または黒塗りの樽である。江戸時代、小売酒屋が得意先へ酒を配達するのに、手桶(ておけ)のような長い柄をつけた柄樽(えだる)を使用していた。角樽はこの柄樽が分化発達したものであろう。柄樽は、伸びた両柄の上部に横木を渡して手に提げるが、この横木が下に移動し、柄が装飾性を強めて太く大きくなったものが角樽である。角樽には、五合、一升、三升入れなど大小あり、二樽を一荷として元は実際に酒を入れて贈答していたが、のちにはまったく飾り物となり、酒屋がこれを用意しておき、客の注文によって酒切手や樽酒、瓶詰の酒などに添えて、貸樽として届けている。現在でも、東京の下町や江戸の名残(なごり)をとどめる小都市では、祭礼や上棟式などに角樽を飾る風が残っている。[内田賢作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

角樽の関連キーワード日置桜酒造資料館長屋の花見樽(容器)野田和樽頼み樽祝い樽つの掛け酒器柳樽柄樽

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android