コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶長日件録 けいちょうにっけんろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慶長日件録
けいちょうにっけんろく

公家儒学者舟橋秀賢の日記。3巻。慶長5 (1600) ,同8~12,同 15,同 16,同 18年の各年度が現存する。主として宮廷内の記事であるが,徳川家康の駿府政権を知るうえでも有効である。原史料には紙背文書があり興味深い。『日本古典全集』所収

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいちょうにっけんろく【慶長日件録】

舟橋秀賢の日記。近世初期の宮廷内の行事,公家社会の漢学講習の状況,政権移動期の公武の人々の動き,京都の町の状況などを知る好史料である。慶長8(1603),9,10,18年は自筆本が現存し,慶長5‐13,15,16,18年の一部(江戸期の写本)が尊経閣文庫に,またその影写本が東京大学史料編纂所にある。刊本は《日本古典全集》,《史料纂集》所収。【山本 武夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

慶長日件録の関連キーワード船橋秀賢勅版

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android