コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶長日件録 けいちょうにっけんろく

2件 の用語解説(慶長日件録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慶長日件録
けいちょうにっけんろく

公家儒学者舟橋秀賢の日記。3巻。慶長5 (1600) ,同8~12,同 15,同 16,同 18年の各年度が現存する。主として宮廷内の記事であるが,徳川家康の駿府政権を知るうえでも有効である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けいちょうにっけんろく【慶長日件録】

舟橋秀賢の日記。近世初期の宮廷内の行事,公家社会の漢学講習の状況,政権移動期の公武の人々の動き,京都の町の状況などを知る好史料である。慶長8(1603),9,10,18年は自筆本が現存し,慶長5‐13,15,16,18年の一部(江戸期の写本)が尊経閣文庫に,またその影写本が東京大学史料編纂所にある。刊本は《日本古典全集》,《史料纂集》所収。【山本 武夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone