柄樽(読み)エダル

精選版 日本国語大辞典の解説

え‐だる【柄樽】

〘名〙 一対の長い柄の付いた小型の樽。胴が朱または黒の漆で塗られてあり、祝儀などで酒を贈るときに用いる。角樽(つのだる)。天野樽。
※咄本・今歳咄(1773)色子「ゑだるとぬり樽がより合(あふ)て、ゑ樽殿、貴様は仕合(しやはせ)のよい人じゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる