柄樽(読み)エダル

デジタル大辞泉の解説

え‐だる【柄×樽】

一対の高い柄を付け、それに提げ手を通した酒樽。小売り酒屋が得意先に配達するのに用いた。その一種で、祝儀用として漆塗りにしたものを角樽(つのだる)とよぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

えだる【柄樽】

一対の角のような大きな柄のついた酒樽。胴を朱または黒の漆で塗り、祝儀のときなどに進物として酒を贈るのに用いる。角樽つのだる。手樽。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

え‐だる【柄樽】

〘名〙 一対の長い柄の付いた小型の樽。胴が朱または黒の漆で塗られてあり、祝儀などで酒を贈るときに用いる。角樽(つのだる)。天野樽。
咄本・今歳咄(1773)色子「ゑだるとぬり樽がより合(あふ)て、ゑ樽殿、貴様は仕合(しやはせ)のよい人じゃ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android