太后(読み)タイコウ

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐こう【太后】

〘名〙 太皇太后、または皇太后。
※醍醐寺本元興寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「壬寅年太后大々王与池辺皇子二柱」 〔史記‐秦本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の太后の言及

【皇太后】より

…長楽宮,おおきさきともいう。令制によると,その班位は三后のうち太皇太后につぎ,皇后の上にあるが,現制は皇后,皇太后,太皇太后の順である。実例を検すると,奈良時代に孝謙天皇の生母で,聖武天皇皇后藤原光明子が,孝謙天皇の践祚(せんそ)により皇太后に転上したのが初例である。…

※「太后」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報