コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太皇太后 タイコウタイゴウ

4件 の用語解説(太皇太后の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たい‐こうたいごう〔‐クワウタイゴウ〕【太皇太后】

先々代の天皇の皇后。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

太皇太后【たいこうたいこう】

先々代の天皇の皇后。皇族順位としては皇后に次ぎ,三后の一人で,摂政となることができる。
→関連項目池田荘大宮御所

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たいこうたいごう【太皇太后】

天皇の祖母。先々代の皇后の地位にあった人をいうが、実際には皇后にならなかった人にも用いられた。太皇太后宮。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太皇太后
たいこうたいごう

天皇の祖母で后位にのぼった者の称。三后の一つ。平安時代以降は天皇の祖母でなくとも、皇后から順次皇太后太皇太后にのぼった(転上(てんしょう))例も多い。またその付属職司として、令(りょう)制にない太皇太后宮職が設けられ、大宮(おおみや)とも称された。女院(にょいん)の制度の盛行によって、平安末期の藤原多子を最後に太皇太后は絶えた。明治以降の現制では、現帝の正配を皇后、先帝の正配を皇太后、先々帝の正配を太皇太后と定義されている。[橋本義彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の太皇太后の言及

【皇太后】より

…長楽宮,おおきさきともいう。令制によると,その班位は三后のうち太皇太后につぎ,皇后の上にあるが,現制は皇后,皇太后,太皇太后の順である。実例を検すると,奈良時代に孝謙天皇の生母で,聖武天皇皇后藤原光明子が,孝謙天皇の践祚(せんそ)により皇太后に転上したのが初例である。…

【中宮】より

…平安時代の令の注釈書《令義解》は皇后の居所である皇后宮の別称であるとし,したがって太皇太后宮,皇太后宮もまた中宮と称したのだとする。このことから中宮は皇后,皇太后,太皇太后の別称ともみられるが,公式令では皇后などが平出(へいしゆつ)すべき称であるのに対して,中宮は闕字(けつじ)すべき称であり,それだけ略称的な呼称であったかもしれない。…

※「太皇太后」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太皇太后の関連キーワード皇后皇后宮伊香色謎命磐之媛命春日娘子河俣毘売国依媛橘皇女知仁親王中蒂姫命

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

太皇太后の関連情報