コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太平記読 たいへいきよみ

百科事典マイペディアの解説

太平記読【たいへいきよみ】

太平記》を台本として講釈する江戸時代の語り物芸能またはその講釈師のこと。室町時代に《平家物語》《太平記》等を読み説いた物語僧が起源という。江戸初期に始まり,講談の祖をなした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

太平記読の関連キーワード近松門左衛門太平記講釈太平記読み由井正雪軍記読み赤松法印大道芸原栄宅門付

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android