コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政道 セイドウ

デジタル大辞泉の解説

せい‐どう〔‐ダウ〕【政道】

《「せいとう」とも》
国を治めること。また、政治のしかた。「御政道を正す」
上に立って取り締まること。監督。また、処罰。仕置き。
「親の―強過ぎたると」〈色道大鏡・一五〉
禁止すること。制止すること。
「旦那ばかりにはその事もゆるして、外はかたく―して」〈浮・一代男・二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいどう【政道】

〔「せいとう」とも〕
政治の道。まつりごと。
取り締まること。処置。監督。 「十一二より外へ出さず-して/浮世草子・禁短気」
いましめとどめること。禁止。禁制。 「女のみだらは下々まで御-/浄瑠璃・宵庚申

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

政道の関連キーワード重一・調一・畳一パリティ保存則陰陽を燮理す文明一統記函館八幡宮川原次吉郎古今著聞集後藤隆之助巨川の済渉昭和研究会山田勝次郎浅利太賢浮世草子関矢凌雲加藤慶元金沢実時柳子新論蝋山芳郎頻りの年浮世物語

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政道の関連情報