コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田三次郎 おおた さんじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田三次郎 おおた-さんじろう

1865-1917 明治時代の軍人。
慶応元年生まれ。日露戦争時は捕獲審検所評定官をつとめ,のち海軍大佐。明治43年予備役となる。大正3年のシーメンス事件で海軍の粛正をうったえ山本権兵衛内閣を弾劾したために,勲位をうばわれ免官となった。大正6年1月22日死去。53歳。愛知県出身。海軍兵学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

太田三次郎の関連キーワード明治時代軍人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android