コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粛正 シュクセイ

デジタル大辞泉の解説

しゅく‐せい【粛正】

[名](スル)厳しく取り締まって不正を除き去ること。「綱紀を粛正する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

しゅくせい【粛正】

福島の日本酒。酒名は、正直な酒造りによる嘘のない味を、との思いを込めて命名。地元の晩酌酒として親しまれる普通酒。蔵元の「河野」は大正11年(1922)創業。所在地は会津若松市新横町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゅくせい【粛正】

( 名 ) スル
厳しく取り締まって、不正を正すこと。 「綱紀を-する」
( 形動 ) [文] ナリ 
つつしみ深いさま。 「容貌端厳たんげん-にして/慨世士伝 逍遥」 → 粛清(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

粛正の関連キーワードベルトルト・フォン・ヘンネベルクアンソニー コムストックA. スルタン‐ザーデェE.S. ギンズブルグブリュメール十八日ダレイオス[3世]イワン カターエフトリエント公会議キョプリュリュ家クレルモン公会議泣いて馬謖を斬るバウアンの虐殺ペルティナクスマグサイサイ太田 三次郎田中 幾三郎選挙粛正運動太田三次郎蓑田 胸喜腰を上げる

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粛正の関連情報