粛正(読み)しゅくせい

精選版 日本国語大辞典「粛正」の解説

しゅく‐せい【粛正】

〘名〙
① きびしく取り締まって不正を取り除き、正しくすること。
※国民精神作興に関する詔書‐大正一二年(1923)一一月一〇日「綱紀正し風俗を匡励(きゃうれい)し」
② (形動) つつしみ深く、正しいさま。〔新書‐道術〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「粛正」の解説

しゅくせい【粛正】

福島の日本酒。酒名は、正直な酒造りによるのない味を、との思いを込めて命名地元の晩酌酒として親しまれる普通酒蔵元の「河野」は大正11年(1922)創業所在地は会津若松市新横町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉「粛正」の解説

しゅく‐せい【粛正】

[名](スル)厳しく取り締まって不正を除き去ること。「綱紀を粛正する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「粛正」の解説

【粛正】しゆくせい

不正を除く。また、清く平らか。〔顔氏家訓、省事〕(すこ)しく風塵に染むも、(すなは)ち肅正に乖(そむ)く。坑穽(かうせい)殊に深く、瘡(さうゐ)(きずあと)未だ復せず。~家を破らざる(な)し。

字通「粛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android