コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有栖川宮威仁親王 ありすがわのみや たけひと しんのう

美術人名辞典の解説

有栖川宮威仁親王

有栖川宮幟仁親王の第四王子。兄熾仁親王の継嗣として親王宣下を受ける。初名は稠宮。英国海軍大学に留学。日清戦争には松島艦長として出陣する。常備艦隊司令官等を務め、海軍大将に累進した。のち元帥に叙せられた。大正2年(1913)薨去、51才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有栖川宮威仁親王 ありすがわのみや-たけひとしんのう

1862-1913 明治-大正時代,有栖川宮幟仁(たかひと)親王の第4王子。
文久2年1月13日生まれ。明治11年有栖川宮をつぐ。西南戦争をはじめ日清(にっしん)・日露戦争に従軍。また明治天皇名代として外国の式典に参列した。37年海軍大将。大正2年7月5日死去。52歳。7月7日元帥。王子の栽仁王(たねひとおう)が早世していたため,有栖川宮家は断絶した。海軍兵学校卒。幼称は稠宮(さわのみや)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の有栖川宮威仁親王の言及

【威仁親王】より

…有栖川宮幟仁(たかひと)親王の王子で,兄熾仁(たるひと)親王の継嗣となって同宮第10代を継承。明治天皇の養子となり親王宣下を受けた。海軍に入り,日清・日露両戦役に従軍,海軍大将に累進した。明治天皇の信任が厚く,皇太子嘉仁親王輔導の任に尽力した。臨終に際し元帥の称を授けられ,国葬をもって葬られた。号を欽堂と称した。【武部 敏夫】…

※「有栖川宮威仁親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

有栖川宮威仁親王の関連キーワード有栖川宮幟仁親王有栖川宮慰子妃有栖川宮 慰子有栖川宮 栽仁太田 三次郎藤井 較一谷保天満宮徳川実枝子藤井較一威仁親王

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android