コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田源蔵 おおた げんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田源蔵 おおた-げんぞう

?-? 江戸時代中期の侠客(きょうかく)。
西丸小十人組に属する幕臣だったが,仲間と本所組を組織して親分となり,江戸市中で乱暴たらいたり,にせ証文で借金をしたりして,安永元年(1772)捕らえられる。死罪を宣せられたが,獄舎火災の際にときはなたれながら帰牢したため,減刑され玄界島に流された。名は時勝。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

太田源蔵の関連キーワード小幡三四郎侠客

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android