コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太田犬丸名 おおたいぬまるみょう

世界大百科事典 第2版の解説

おおたいぬまるみょう【太田犬丸名】

11世紀中ごろから12世紀初めにかけて大和国広瀬郡(現,奈良県北葛城郡河合町広陵町)にあった国衙の収取単位としての名田の一つ。1046年(永承1)から1108年(天仁1)に至る間の25通の坪付帳が残っているが,1054年(天喜2)までのものは名田の結解状(収支決算書)であり,64年(康平7)から71年(延久3)までのものは東大寺大仏供御荘検注帳の形をとり,76年(承保3)以降のものは国検田帳である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の太田犬丸名の言及

【小東荘】より

…大和国広瀬郡(現,奈良県北葛城郡河合町,広陵町の一部)の荘園。史料上は,大和の国衙領の太田犬丸名として1046年(永承1)に初めてあらわれる。これが東大寺領小東荘の前身である。東大寺と太田犬丸名との関係は,54年(天喜2)ころ,同名が大和における東大寺大仏供白米免田に指定され,東大寺が反別1斗の白米収納権をもって以来である。76年(承保3)白米免田は従前の浮免田を定坪と定める宣旨が下され東大寺領となった。…

【負田】より

…この場合,負田は〈名(みよう)〉または〈名田〉とも称される。たとえば,大和国広瀬郡にあった大田犬丸負田の結解(けちげ)状をみると,1046年(永承1)から50年までのものは〈大田犬丸負田〉と記されているが,52年のものは〈大田犬丸名〉,翌53年(天喜1)のものは〈大田犬丸名田〉と記されており,翌54年のものはまた〈大田犬丸負田〉にもどっている。平安時代の公領の場合には負田の用例が多くみられるが,鎌倉時代以降は漸次みられなくなる。…

※「太田犬丸名」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太田犬丸名の関連キーワード小東荘

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android