広陵町(読み)こうりょう

  • 広陵〔町〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奈良県西部,奈良盆地中部にある町。 1955年馬見町,瀬南村,百済村が合体して発足。 56年箸尾町を編入東部は沖積地で,葛城川,高田川が天井川をなして北流し,西部は馬見丘陵に続く。米作のほか野菜,果樹を栽培。明治末期から靴下製造が行われ,国内屈指の生産量を誇る。東部の百済に百済寺があり,特別史跡巣山古墳,史跡の牧野古墳がある。北部を近畿日本鉄道田原本線が通る。面積 16.3km2。人口 3万3487(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広陵町の関連情報