太田資始(読み)おおた すけもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

太田資始 おおた-すけもと

1799-1867 江戸時代後期の大名。
寛政11年7月28日生まれ。近江(おうみ)宮川藩主堀田正穀(まさざね)の3男。太田資言(すけとき)の養子。文化7年遠江(とおとうみ)(静岡県)掛川藩主太田家5代。寺社奉行,京都所司代などをへて,天保(てんぽう)8年老中となるが,水野忠邦の天保の改革方針に反対して辞任。安政5年再任され外国事務主管となるが,井伊直弼(なおすけ)と対立して辞任。文久3年みたび就任した。慶応3年5月12日死去。69歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

太田資始 (おおたすけもと)

生年月日:1799年7月28日
江戸時代末期の大名;老中
1867年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android