コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太虚大師 たいきょたいしTài xū dà shī

世界大百科事典 第2版の解説

たいきょたいし【太虚大師 Tài xū dà shī】

1890‐1947
中国,現代の仏教改革の指導者。俗姓は呂,名は淦森。浙江省崇徳県の人。16歳で出家し,寧波(ニンポー)の天竜寺の寄禅和尚を師として受戒,清末改革派の著作に深く感銘して仏教救国を志し,のち革命派とも往来,1912年南京に中国仏教協進会を組織した。14年普陀山の錫林禅院にこもって,天台・華厳・法相・禅・律・浄土・密・三論の八宗を兼学して八宗平等の考えに達し,17年章炳麟ら在家仏徒と覚社を組織し,月刊《覚社叢書》(のち《海潮音》と改題)を刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

太虚大師の関連キーワードカザン(Elia Kazan)新藤兼人ドイツ映画実験映画社会民主党(ドイツ)ロサンゼルス・ドジャース皇室地方公共団体イーグルスカシミール