コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夫租薉君墓 ふそわいくんぼ Pujoyegun‐myo

1件 の用語解説(夫租薉君墓の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふそわいくんぼ【夫租薉君墓 Pujoyegun‐myo】

朝鮮民主主義人民共和国,平壌特別市楽浪区域貞栢洞において,1958年に発見された原三国時代(古朝鮮)の土坑墓。おそらく方台形の墳丘をもっていたと推測される。底の1枚の板を載せうる範囲に,角材が一重に敷かれていたといわれるので,もとは木槨内に木棺が埋葬されていたものと思われ,したがって,漢の楽浪郡の木槨墓との共通点をみせる。出土遺物は数十点に達するが,壺と植木鉢形土器のセット細形銅剣細形銅矛,銅鏃などの青銅製武器,車衡金具,蓋弓帽などの青銅製車具,轡(くつわ)などの鉄製馬具,刀,剣,戟(げき)などの鉄製武具,甲冑小札(ござね)などの鉄製武具,斧,鉇(やりがんな)などの鉄製工具,小銅鐸など多種多様である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

夫租薉君墓の関連キーワード北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国人民民主主義平壌松林羅津KCNA脱北北韓南朝鮮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone