夫租薉君墓(読み)ふそわいくんぼ(英語表記)Pujoyegun‐myo

世界大百科事典 第2版「夫租薉君墓」の解説

ふそわいくんぼ【夫租薉君墓 Pujoyegun‐myo】

朝鮮民主主義人民共和国,平壌特別市楽浪区域貞栢洞において,1958年に発見された原三国時代(古朝鮮)の土坑墓。おそらく方台形墳丘をもっていたと推測される。底の1枚の板を載せうる範囲に,角材一重に敷かれていたといわれるので,もとは木槨内に木棺が埋葬されていたものと思われ,したがって,漢の楽浪郡の木槨墓との共通点をみせる。出土遺物は数十点に達するが,と植木鉢形土器のセット,細形銅剣,細形銅矛,銅鏃などの青銅製武器,車衡金具,蓋弓帽などの青銅製車具,(くつわ)などの鉄製馬具,刀,剣,戟(げき)などの鉄製武具,甲冑小札(ござね)などの鉄製武具,,鉇(やりがんな)などの鉄製工具,小銅鐸など多種多様である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android